自律神経失調症・パニック障害もね 2

 

みなさんこんばんは。

ひろここルーム長沼です。

さて、今日の日記は昨日の日記の続きです。

心と体の事は、書けば書くだけ出てきちゃうからとどまるところを知らない!

だから、もうちょっと続くかなーー、、、

 

 

「仕事が忙しくて毎日の中でリラックスする時間がない」

「残業続きでプライベートな時間が持てない」

「仕事から帰っても、子供の世話や家事をやらないといけない状態で気が休まる暇がない」

「働いていればそのほかの嫌なことが忘れられるから仕事ばかりしてしまう」

「ほかの人に頼むより自分でやった方が安心だから私がやる」

「ボーっとしていても考えることが止まらなくて気が休まらない」

などなど。。。

今日のあなたはどんなあなたでしたか?

 

自律神経が乱れますと、体にいろいろな症状が出てきます。

それはそれはもうたくさんで、人によって違うし一概に言えないのですが、

まぁ、言うとすれば、

めまい、動悸、息苦しさ、腹痛、下痢、多汗、頭痛、耳鳴り、過呼吸、手足のしびれ。などなど。

俗にいうパニック発作です。

パニック発作とパニック障害とは違うんですけど、それはまた別の機会に。

こうなるとたいがい内科を受診します。

それで検査をして「異常なし」と言われます。

そうすると、心療内科や精神科を紹介されます。

まだまだ心療内科や精神科への偏見は根強いですから、

「精神を病んでしまった。もう私はダメだ。」などと嘆き悲しむ人もいます。

でも何も嘆き悲しむことはありません。

自分の状態が理解できていないだけです

これでいいと思っていた生活習慣がよくなかっただけです

考え方も、もうちょっと柔軟にした方がいいだけです

 

そこで!!

ひろみこころカウンセリングルーム!!!!!!!!

まぁ、誰でも体が休む暇なく働き続けていればこうなります。

でも、休む暇なく働き続ける人ってたいがい、思考も柔軟じゃないことが多いんです。

「○○じゃなきゃいけない!」、「もっと○○しなきゃ!」と考えて、

イライラしたり不安になったりして自律神経を乱します。

 

昨日の日記を思い出して!

体はあなたたちが健康に生きていけるように24時間365日頑張って動いているんです。

乱れたものを調節しようと頑張っているんです!

なぜそれを邪魔するのーー??

体が可哀想すぎます。

 

自律神経

「まだ寝ないの?!体が整わないんですけどーー」

「まだ働くの?!明日にひびくんですけどーーー」

「まだあの事考えてイライラしてるの?!消化器系と呼吸器系が休まらないんですけどーーー」

「マジでかんべんしてくれよーーーー!!!」って言ってます。

自分の体に謝ってください。

 

じゃあどうしたらいいのさ!ってことですよね。

だから、朝起きて3食きちんと食べて適度な運動をして夜寝ればいいんです。

またそれかよ!ですか?

 

じゃあ、それができない人

「何ならできますか?」できることをやって、それを続けてください。

「できないって、どうしてできないの?」できる方向で検討できませんかね。

 

それが自分でうまくできないから、精神科とか心療内科に行くんですけどね。

 

 

 

 

関連記事

  1. 自律神経失調症・パニック障害もね3

  2. なぜ体調不良や不安が続くのか

  3. 新生活と受験生と過呼吸

  4. うつ病ってどういう状態?

  5. 自分を守る

  6. 朝の調子の悪さ(パニック発作や不安障害)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。