不安が拭えないなら考えてみてください

私たち人間が苦しむときは、

人間関係の中です。

 

「人と比べで自分はどうか」

 

「変な風に思われているんじゃないか」

 

などなど考え出すときりがないです。

 

昨今はSNSが盛んで、

いつどこで誰が何をしているか

個人の情報が多くの人たちの目に入ります。

 

「〇〇さんたちは楽しそうにしている」

「この集まりに私は呼ばれていない」

「私は一人ぼっちだ」

なーんて負の連鎖が始まります。

 

安心してください。

そう感じるのはあなただけではありません。

ほとんどの人がそう感じます。

だって、人は一人では生きていけないもの。

だからコミュニティーをつくるんです。

 

一人でも生きていけるって言っている人がいますか?

そういう人は、たぶん変わっている人か、自分の本心をさらけ出せない人です。

 

人付き合いで、ネガティブになっていってしまったら、

適当にやればいいんです。

 

この「適当」という言葉、どう感じますか?

嫌な感じがしますか?

どうして嫌な感じがするのでしょうか?

 

集まりに参加したくなくても、適当に参加すればいいんです。

面白くなくても適当に笑っていればいいんです。

話が合わなくても適当に合わせていればいいんです。

 

家に帰ってどっと疲れることなんてしなくていいんです。

 

でもね、疲れちゃいますよね・・・?

 

なぜでしょう?

 

全て全力でやろうとしていませんか?

私がどうにかしようとか、考えていませんか?

そんな自分は惨めだとか、ネガティブな声掛けをしていませんか?

 

そんなことする必要はありません。

だって、そうして自分自身がダメになっていませんか?

疲れ切っていませんか?

 

「だって、私がやらなきゃいけない」

「他に誰もやってくれない」

そういう現実もあるかもしれませんね。

 

でも、認知行動療法のカウンセリングを受けると、変わってきますよ。

クライエントさんたちの言葉を借りると、

「思い込みの枠が外れる」

「考えが柔軟になって、同じ場面でも気持ちが安定している」

って感じらしいです。

 

 

 

関連記事

  1. 生きるエネルギーを奪わない

  2. 自分であることに誇りを持つ

  3. 認知再構成法

  4. あなたはどう生きることが幸せか?

  5. 社交不安・強迫性障害・ネガティブに偏った信念

  6. 罪悪感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。