一人ではできなかった自分を楽にする「気づき」

掲載の許可をいただいた方の体験談です

ありがとうございます

 

30代  女性

私にとっては2度目のカウンセリングでした。

以前他の場所でカウンセリングを受けた時は、薬の効果もあり、ドキドキしたり息が詰まったりする症状もなくなりました。

しかし、小さな頃のイヤなことを思い出すことが辛くなる気がして途中でやめてしまったのです。

 

でも、年齢が増すにつれて仕事のストレスや対人関係の悩みが増えてしまい、「このままだとメンタルがもたないな」と思ったのが、2度目のカウンセリングのきっかけでした。

通って半年経ち、ようやく平穏な気持ちを保てるようになりました。

 

ストレスを感じる場面て、パターンが似ているんですね。

少しづつ自分が今、何を感じているのか、冷静に問いかける場面が増え、

不安な気持ちやイライラする気持ちも切り替えができるようになってきました。

一人ではできなかった気持ちを楽にする「気づき」をカウンセリングで教えていただいたいます。

自分とは一生付き合っていかないといけません。

楽しく、健康に活き活きと生きていきたいので、

これからも認知行動療法を続けて身につけていきたいです。

 

 

関連記事

  1. 不安神経症

  2. 今では未来に希望があり、なんだか自分が少し好きになった

  3. 自分の苦しい部分に目を向けること

  4. 勇気を出して自分の意見を言ってみた

  5. 動悸とめまいと不安感

  6. 自分自身を認められるようになった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。