あなたは思考を選択し、行動を選択することができる

 

みなさん、こんにちは。

今日はとっても良い天気で暑いくらいですね。

12月でこの陽気はなんだか怖いですね。。。

 

さて、私はよく

「自分を好きになれ」

とか

「良い言葉で自分を満たせ」

とか言いますが、

それは、ネガティブを無くしてポジティブになれということではありません

 

よく、認知行動療法はネガティブ思考をポジティブ思考に変えることだと解釈している人がいますが、

それは違います。

思考についていうと、考えの偏りに気付いて、考えの幅を広げてあげます。

 

感情はなくせません。

不安や恐怖は感じるものです。

それと同じように

幸せや安心も感じるものです。

同じように感じていますか?

ここに偏りが生じると歪みになります。

歪みが生活のしづらさを生みます。

 

不安や恐怖を感じつつも、それからどうするか思考と行動を選択しましょう。

一つ嫌なことが起こると、連鎖して次々に起こることはありませんか?

これは、嫌なことに対してネガティブな思考になっていて、そこからネガティブな行動をとっているからです。

 

あなたは思考を選択し、行動を選択することができます。

落ち込んで下を向き、悶々とし続けることもできますし、

落ち込んで下を向き悶々としても、それから前を向いて明るい方向を探し、進んでいくこともできます。

 

もう辛くてどうしようもないけれどここから抜け出せない。

頑張ってきたけどこれ以上どうすることもできない。

などと考えていませんか?

 

大丈夫です。

もっと楽に幸せになって良いのです。

楽に生きることに罪悪感を感じることはありません

 

 

 

 

関連記事

  1. 思考をキャッチする

  2. 子の希望と親の希望

  3. 認知行動療法は、心が病んでいる人だけが受けるものではない

  4. 自分の事をどう思っているのか

  5. ストレスチェックの義務化

  6. なぜ自分を褒めることが大切なのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。