母へ

 

人間は十人十色

自分の子供に、大多数の子供と違う部分があり、

それを欠点としてあなたが捉えるなら

それは欠点となるでしょう

 

あなたの子供は

一つの人格個性を持った

あなたの分身です

 

あなたの分身ですが

あなたの思い通りになるとは限りません

あなたの思い通りになることが「良いこと」とは限りません

 

あなたの分身が

自分を律して

自立できるように

育ててあげてください

まずは愛情をもって接してください

表情

態度

声色

言葉遣い

 

あなたの分身はあなたの事をよく見ています

 

 

 

 

 

関連記事

  1. どうにかここまで生きてきた。これからは自分のために生きていく…

  2. あなたへ 5

  3. あなたへ 12

  4. 誰があなたを怯えさせたか

  5. あなたはどう生きることが幸せか?

  6. あなたのその苦しさはあなたの全てではありません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。