自律神経失調症・パニック障害もね

 

皆さんは自律神経失調症という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

むしろ、病院でそう言われた!という方もいらっしゃるかもしれません。

自律神経失調症とは、病名ではありません。

何らかの原因で、自律神経が失調している状態を表しています。

自律神経は、365日24時間私たちの体を調節してくれています。

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」を合わせたものです。

交感神経とは、私たちが活動している時に活発になります。

言葉で表すと、「意欲・前進・行動・情熱」などですかね。

副交感神経とは、寝ている状態やリラックスした時に活発になります。

言葉で表すと、「安心・安定・穏やか・ゆったり」ですね。

この2つのバランスが良い状態が理想です。

 

しかしこの現代社会、いろいろな理由で自律神経が乱れます。

むしろ、自ら自律神経を乱している人ばかりだと感じます。

 

朝起きて3食きちんと食べて適度に運動して夜寝てますか?

 

最近は24時間のコンビニもレンタルショップもありますし、

インターネットも携帯ゲームやめられないし、なぜか深夜番組っておもしろいし。

 

夜中ずっとネットやゲームしてたりテレビ見ていると、頭痛くなってきませんか?

この時点で自律神経が警告してますから、ちゃんと警告聞いてください。

こうなると交感神経が活発になっている状態だから、なかなか寝付けない。

大多数の人は、眠れなくなってくると心と体のバランス整っていない状態です。

気を付けてください。

そして、夜は寝てください。

 

 

 

 

関連記事

  1. うつ病ってどういう状態?

  2. 自律神経乱れていませんか?

  3. 新生活と受験生と過呼吸

  4. パニック障害とは?

  5. 自律神経を整える

  6. 精神症状とネットの情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。