なぜ体調不良や不安が続くのか

みなさん、こんにちは。

朝晩とかなり冷え込みますね。

栃木県、雨も降らないので乾燥も激しいです。

風邪やインフルエンザに気を付けましょう。

こまめにうがい手洗いです。

 

そして何より、自己免疫力を高めましょう。

夜寝て朝起きる

栄養のある食事を摂る

運動をする

これらは生命の基本となるところです。

しかし、文明の発展により、私たちの生活はこの基本の部分が脅かされています。

 

電気のおかげで夜も延々と明るいから脳が休まらない。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れて万年体調不良。

そんな中、栄養バランスが崩れた食事や、出来合いのもの、スナック菓子、ジュースなどで糖分、油分、塩分の摂りすぎ。

アレルギー、アトピー、肌荒れ、原因不明の発疹。

 

自分の体内に入れるものには細心の注意をはらいたいものです。

今の季節の食材が何か知っていますか?

その季節に合ったものを食べましょう。

 

運動も必要です。

あなたは毎日どれだけ体を動かしていますか?

体を動かさないと、筋肉の衰え、体力低下、インナーマッスルの低下からの内臓の不調、疲れやすさ、全身倦怠感などにつながります。

今の世の中は、体を必要以上に動かさなくても生きていけるという

心と体によって最悪な状態です。

ジムやヨガなどにお金を払って運動しなければならない世の中です。

 

メンタルクリニックや心療内科もなかなか予約が取れません。

すごいことです。

そんな状況でも心の病気についての偏見が根強くあります。

病院受診している人のほとんどは薬を飲んでいる、薬物療法です。

カウンセリングをしている人はほとんどいません。

 

カウンセリングに時間をかけられない

眠れないだけだから眠剤があればいい

薬を飲めばどうにかなるからそれでいい

などと、薬任せです。

 

もちろん、薬が必要な人もいます。

薬とカウンセリングを併用して良くなっていく人もいます。

薬が絶対な悪ではありません。

ひろここのカウンセリングに来た人でも、

薬の力も必要だと思ったらすすめています。

 

でもね、でもね、

薬は問題を解決してくれるものではありません。

うつ病が再発しやすいのは、

薬で不眠や不安感や緊張、無気力が改善されても

どうしてそうなったかという部分は改善されていないからです。

物事の捉え方や考えの癖の部分です。

ここです!

向き合うのはここです!!

よくよくよーーーーーーく見なきゃいけない部分ですよ。

 

まずは規則正しい生活習慣です。

これをやってください。

自分でやれば無料です。

それがどうしてもできないのであれば、相談しましょう。

医者でもいいし、行政のお悩み相談でもいいし、個人のカウンセリングルームでもいいし、

ひろみこころカウンセリングルーム、おすすめですよ(^^)/

 

薬を飲む前にできることがあります。

健康な心と体あっての自分の人生です。

まずは自分を大切にしましょう。