自分を知って、幸せな人生を生きる

こんにちは。

4月です。

新年度始まりましたね。

新しいことを始める時には不安や緊張もあるでしょう。

そんなナーバスになっている自分を客観的に見て、ネガティブになり過ぎないようにしましょうね。

 

ということで、今日は「感情」のお話し。

私たちには「感情」があります。

不安、怒り、恐怖、悲しみ、、、などのネガティブなものや

 

幸せ、楽しい、嬉しい、穏やか、、、などのポジティブになれるもの

などなどあります。

 

私たちに悪さをするのは

不安や怒り、悲しみなどの感情です。

しかし、このような感情は無くす必要はありません。

ネガティブな感情も自分を守るために必要な感情です。

自分を傷つける人に近づかないとか、危ない場所に近づかないとか。

 

ゼロにするのではなく、コントロールするのです。

 

全然危険じゃないのに、常に危機感を感じていたら精神的に不健康だし、

ちょっとしたことで怒鳴り散らしたり、物に当たったり人に当たったりすることもいけません。

話し合いの場で、自分と違う考えを言われただけで、「否定された」、「批判された」、「攻撃された」と捉える人もいます。

不安になったりイライラする機会が減ったらどうなると思いますか?

そうなるためにどんなことができると思いますか?

 

認知行動療法では、自己分析して自己コントロールする力を身に付けます。

人は誰でも完璧ではありません。

自分がどれだけ完璧にしていても、周りがそうではないと完璧にはできません。

そして、そのズレを許せないとずっと辛いままです。

 

たくさんの人たちがいて

たくさんの価値観があります。

その中で上手くうまーく生きていきましょう(^^)

 

ひろみこころカウンセリングルームはそのお手伝いをします。

 

関連記事

  1. 思考するということ

  2. あなた自身に起こっている出来事をどう捉えていますか?

  3. 母変わってない状態

  4. 認知行動療法はみんなに受けてもらいたいもの

  5. 自分を知って幸せに生きる

  6. カウンセリングで目指すこと・心が疲れるとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。