認知とは何か

今日は「認知」のパート2です。

1月31日の「出来事の捉え方」を先にお読みください。 

 

「認知」とは、物事の捉え方や考え方のことですよね。

その「認知」も認知行動療法ではいくつかに分けて考えます。

詳しく言うと難しいので、簡単にまとめます。

 

認知は、「自動思考」・「信念」・「スキーマ」の3つにまとめることができます。

「自動思考」とは、意識している・いないにかかわらず頭の中に出てくるものです。自分自身に声掛けしている言葉だったり、イメージだったりします。

「失敗したな」「おかしくなってしまったらどうしよう」「やっぱりダメだった」「こんなに人がたくさんいたらうまく話せない」「きっと嫌われているんだ」などなど。

このような自動思考が発生する理由は、「信念」にあります。信念とは価値観や思い込みのことです。

 

私はよくカウンセリングで、考え方の癖という言い方をしますが、

〈○○しなきゃいけない・絶対○○〉などの「べき思考」

〈95点取れても100点取れないと0点と同じ〉という「両極端な考え」

〈私がいけない。何をやっても自分はダメだ。などの自分を責める〉「自責思考」などがあります。

ここもカウンセリングで詳しくやっていきます。

「考え方の癖」レベルであれば、比較的簡単に自分の思考に気付き、柔軟にしていくことができます。

考え方の癖レベルだったらいいのですが、「絶対そうだ」などと、なかなか変えられない信念を持っていると、認知行動療法で言われる、「認知の歪み」というレベルになってきます。

でも、これも認知行動療法で良くなっていくことができます。

 

さぁ、そして、そのような信念を身につけるに至るには、自動思考や信念のもっと下にある、「スキーマ」が土台となります。

スキーマとは、自分が育ってきた環境、両親の躾、友達関係などによって作り出されます。

自分自身の全体像のようなものです。小さい頃にネガティブな声掛けをたくさん受けていると、ネガティブ思考になる癖がつきます。

また、気持ちが落ち込んでいる時も、物事を悲観的に捉えがちになります。

このように自動思考・信念・スキーマのことを合わせて「認知」と言います。