「捉え方」と「行動」

私たちはいろいろな場面でストレスを感じることがあります。

精神的に感じていなくても体が感じている時もありますし、

その逆もあります。

 

ストレスを感じること自体が悪いとか、弱いとかそういうことでありません。

感じたストレスをどうするか、が重要です。

そのためには、自分がどんな時にストレスを感じるのか理解していた方が楽です。

 

ストレスとは、

起こった出来事 + 自分の反応

です。

 

同じ出来事、場所、場面で

みんなが同じように反応することはありません。

それはなぜでしょうか?

人それぞれに捉え方が違うからです。

そして、その捉え方によって行動も変わってきます

 

傷つけられたと感じて内側にこもる人もいれば、

傷つけられたと感じて攻撃する人もいます。

傷つけられたと感じて、こもるでもなく攻撃するでもなく、その思いを伝える人もいます。

 

あなたはどんなタイプでしょうか?

 

「自分の思いを伝える」ということが難しく感じる人もいます。

そのような人のためにカウンセリングはあります。

カウンセラーを存分に活用しましょう。

怖い、不安だ、傷ついた、など

存分に思いを伝えましょう。

 

認知行動療法は、上記のような「捉え方」と「行動」を分析して柔軟にします。

捉え方の幅が広がると行動の幅も広がっていきます。

 

「傷つけられた」と捉えたら、どんな「行動」をとりますか?

嫌な気分が長く続かないような「捉え方」や「行動」を選びましょう。

 

 

関連記事

  1. あなたが不安を感じる時はどんな時?

  2. あなたが生きづらいのはなぜか

  3. 動くのがしんどい

  4. 心と身体が疲れる時

  5. 自分を受け入れるとはどういうことか

  6. ネガティブに留まらない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。