心と身体が疲れる時

調子の悪い時は、自分のこと、今の現状のこと、未来のことを悲観的に捉えてしまいます。

物事を悪い方に考えたり、「きっとうまくいかない」、「自分が悪いんだ」、などと考え続けてしまいます。

調子が悪い時ってどんな時でしょうか?

嫌な事、辛いこと、上手くいかない事が続いた時です。

職場や家庭環境でそのような事が続いていると、身体や心が疲れてしまいます。

 

「我慢」して「頑張る」こと。

そのようなことができる人は素晴らしい人です。

当たり前ではありません。

でも、これも、「やり過ぎ注意」です。

残業を続けたり、休みなく働くことが続くと、

誰でも「身体」が疲れてきます。

そのような、目に見えて分かることがない場合でも、

「自分の考え」の中で嫌な事や辛いこと、上手くいかない事を考え続けると、

「心」が疲れてきます。

 

すると、

上記のような悲観的思考が大きくなり、

不安感や寂しさを感じたり、

今まで頑張れていたことが頑張れなくなったり、

何もしたくなくなったり、

夜眠れなくなったり、

食欲がなくなったりします。

 

そうなって病院に行くと、うつ病や抑うつ状態などと言われます。

このようなことは誰にでも起こりうることです。

頑張ることができる人は特に注意が必要です。

 

感情は誰にでもあるもので、なくすことはできませんが、

調子が悪い時は「不安」や「緊張」、「悲しみ」などマイナスを感じやすくなっています。

 

 

 

 

関連記事

  1. うつうつとしているあなたへ

  2. 問題解決法

  3. ネガティブに留まらない

  4. 子の希望と親の希望

  5. パニック障害とは?

  6. 動くのがしんどい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。