不安神経症

掲載の許可をいただいた方の体験談です。

ありがとうございます。

 

40代 女性

私は不安神経症で今までいつくかの心療内科を受診してきました。

その中で、医師やカウンセラーによるカウンセリングも受けてきましたが、

ただ悩みを聞いてそのままというようなものであったり、

薬を出すための判断に使うために話を聞く、といった印象のカウンセリングでした。

 

長沼先生のカウンセリングは認知行動療法です。

自分の考え方の悪い癖を直して生きやすくする訓練をしている感じです。

カウンセリングを受けている間に自分のネガティブな考え方に気づかされ、

それをポジティブにする考え方に気づいて気持ちが楽になります。

加えて、現実の生活の中でもカウンセリング中に学んだ気持ちの切り替えを繰り返して、

自分で自分をコントロールできるようになります。

 

すぐにできるようになるわけではありませんが、

半年ほどお世話になった私でも、随分身体症状が軽減し、

客観的に自分の考えを捉えられるようになったおかげで、

性格も少し変わったように思います。

 

 

関連記事

  1. 自分自身を認められるようになった

  2. 動悸とめまいと不安感

  3. 今では未来に希望があり、なんだか自分が少し好きになった

  4. 一人ではできなかった自分を楽にする「気づき」

  5. 勇気を出して自分の意見を言ってみた

  6. 自分の苦しい部分に目を向けること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。