自分自身を認められるようになった

掲載の許可をいただいた方の体験談です

ありがとうございます。

 

20代女性

カウンセリングを始めて半年が過ぎました。

通うきっかけになったのは、自傷行為を親に話してしまったからです。

最初は正直いやいや通っていました。

それは、カウンセリングを信用していない、

心を丸裸にされたくない、

考えていることや悩んでることを打ち明けてもいいのだろうか、

気分を悪くしないかなどと思っていたからです。

 

でも実際にカウンセリングを受けてみて、様々なことが良い方向に変わりました。

例えば、ポジティブに物事を考えられるようになったこと。

人に、私自身の気持ちを言えるようになったことなどです。

大きく変わったのは、私自身で私を認めてあげられるようになったことです。

今でも不安や恐怖を感じることもありますが、

そうなる前にコーピングをするようにしたら、前ほどではありません。

もしあったとしても、対処法をすれば乗り越えられるようになりました。

 

カウンセリング中や出された課題をしている時間は、

私自身の心と向き合っているような気がします。

今ではカウンセリングを始めてよかったと心から思えます。

 

 

関連記事

  1. 一人ではできなかった自分を楽にする「気づき」

  2. 動悸とめまいと不安感

  3. 不安神経症

  4. 今では未来に希望があり、なんだか自分が少し好きになった

  5. 自分の苦しい部分に目を向けること

  6. 勇気を出して自分の意見を言ってみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。