自分で自分を傷つけない

みなさん、こんにちは。

この夏はなんだかジメジメ続きで「夏」って感じが少なかったですね。

季節はどんどん秋に向かっているように感じます。

 

さて、日々の生活の中であなたはどんなことを考えていますか?

自分の頭の中で思っていること、イメージなどは

認知行動療法の世界では「自動思考」という言い方をします。

言葉の通り、勝手に出てくる思考なので、なかなか意識することができません。

でも、いつも考えていることや口癖などでそれをキャッチすることができます。

 

あなたの世界はあなたの捉え方によって形作られています。

 

もし、「あなたを脅かしているものは、あなた自身です

と言ったらどう思いますか?

 

同じ状況があっても、

不安になる人とならない人がいるのはなぜでしょうか?

前向きに進める人とそうでない人の違いは何でしょうか?

 

不安になるからいけないのではありません。

自分で不安になるような捉え方を選んで、

不安が継続するような考え方を選んでいるだけです

まずはそれに気づくこと。

 

自分がどんなことで不安になりやすいか、

気持ちがうつうつとなりやすいか、

そこを自分で知っていないと

なんだかわからないけど不安

という状態になります。

 

まずは気付く。

それから検討する。

 

うつうつとしてきたら、そればかり見ない。

頭の中を切り替える。

日々の生活で出来ていることを探す。

 

服を着替えたり

 

化粧をしたり

 

玄関を掃いたり

 

ご飯を食べたり

 

リビングに出しっぱなしのものを部屋に持っていったり。

 

出来ていることは意外にたくさんあります。

それをキャッチできる脳になりましょう

 

「これじゃダメだ。もっとできなくちゃダメだ」

と、より一層を求めるのは

日々の出来ていることに「これでよし」と思えてから。

 

不安になるような捉え方をしてしまっても、

そうしている自分に「はっ!!」と気付いて、

別の捉え方ができないか検討してみましょう。

 

あなたの考えや捉え方が

あなたの人生をつくっています。

自分を傷つけるような考えはもうやめます

 

わけのわからないことがたくさんある世の中です。

怒りに震えたり

悲しみに襲われる材料はたくさんあります。

そんな中でも、なるべく平常心を保ちましょう!

 

認知行動療法は人生をより良いものにするお手伝いをします。

 

 

関連記事

  1. あなたはどう生きることが幸せか?

  2. 意識すること

  3. うつうつする

  4. 生きるエネルギーを奪わない

  5. 自分を受け入れるとはどういうことか

  6. 認知とは何か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。