不安や怒りを自分で強めているとしたら?!

私たち人間は思考します。
そして、いろんな出来事に意味付けします。
この「意味付け」っていうのがやっかいで、
人それぞれ違って、
自分を奮い立たせたり、苦しめたり、良い気持ちにさせたりします。
思考は自由ですから、何を考えても自由ですが、
・できなかったこと
・失敗したこと
・恥ずかしい思いをしたこと
などなどネガティブな出来事に対して
・だから私はダメなんだ
・また悪いことが起こった、これが一生続く
・私はきっと幸せになれない
・みんな私をバカだと思う
などの意味付けをしていたら辛いです。
あなたはどうですか?
意味付けしているのは自分です。
そのように意味付けしたら、それはあなたの中で真実になります。
でも果たしてそれが、みんなが思う様に100%真実でしょうか?
100%の真実なんて心の世界には存在しません。
正解も不正解もありません。
それを求めていたら辛いだけです。
何を考えても自由で、起こった出来事に対する反応はいくつあってもいいのですから。
でも、べき思考や完璧主義の人はそのように思えません。
だから辛いんですけどね。。。
 まずその枠を取っ払いたいのです。
自由!!!
「自由な思考の中で私はこのように意味付けしている」というだけ。
不安が強かったり、怒りがすぐ強くなってしまう人は、
そのようになる思考や、意味付けをしているだけ。
そこにまず気づくことです。
場所や状況をいくら変えても、自分の内側の反応が変わらない限り、
何も変わりません。
好きなことを仕事にしても、ダメな部分や出来ない部分ばかり見ていたらストレスになるし、
周りが悪いと批判ばかりして、場所に合わせて対処していく努力が出来なくなります。
自分の思考に気付くこと。
自分の意味付けに気付くこと。
それができないと、
なんだか分からないけど不安だったり、
原因不明の体調不良が続いたりします。
 私たちは皆、完璧ではありません。
人に見せたくない部分、自分で見つめたくない部分も持っています。
自分の弱い部分を見つめて理解して、対処できるようになりましょう。
ひろみこころカウンセリングルームの認知行動療法は、そのお手伝いをします。

関連記事

  1. 問題解決法

  2. あなたは思考を選択し、行動を選択することができる

  3. あなたの色眼鏡

  4. 考え方の癖

  5. あなたのその苦しさはあなたの全てではありません

  6. 認知行動療法は、心が病んでいる人だけが受けるものではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。