動くのがしんどい

10月になりました。

空気も空も秋ですね。

 

さて、そんな日々の中、

ちょっとでも幸せや穏やかさを感じられていますか?

 

「視点を変える」

「思考や行動を切り替える」

やっていますか?

 

無意識にできる人もいますが、

意識してやっていくと、ネガティブに留まらなくなります。

葉っぱや石ころ、空や遠くの景色を見ることでもいいです。

自分の指の指紋でもいい。

よくよくよーーーーく見る。

葉脈や指紋の形、石ころの形などなど、

目の前のことにちゃんと向き合う。

頭の中で違うことを考えない

 

行動に移すこともそうです。

動くのがしんどい、難しいっていう時は、

玄関を開けたり閉めたり

部屋から出たり入ったり

布団で横になったり床で横になったり

右にある本の山積みを左に移動したりすればいいのです。

それだってちゃんとした行動です。

 

え?

そんなことより、意味のある行動をしなければならない?

 

そう考えて、意味のある行動をなかなか見つけられずに動き出せないのなら、

今の自分に対する期待値や目標設定が高すぎます

自分が見えていない。

 

右にある本の山積みを左に移動することで精一杯なのに

屋全体を片付けなければならないと思っています。

 

出来っこないです。

 

そんな出来ない自分がダメだと捉えるから

優しい言葉もかけられないし

生きることが嬉しくも楽しくもない。

 

まずは小さいことからコツコツと。

それをしないで高いところを見ていると「出来ない」となります

実態と思考が解離しています。

 

自分の見たくない部分、弱い部分、

ありますよね。

でも、そこを見ずに目標設定はしません。

 

自分をよくよくよーーーく見て

より良い自分になっていくために何が出来るか考えましょう。

 

人生は苦労で出来ていません。

楽しく生きていいのです。

生き方を変えましょう。

あなたが幸せなら周りも幸せになります。

 

 

関連記事

  1. 朝の調子の悪さ(パニック発作や不安障害)

  2. 綺麗な言葉で自分を満たす

  3. 思考をキャッチする

  4. 思考の罠

  5. 自分を受け入れるとはどういうことか

  6. 明日のあなたの不安と希望

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。